刑法

私のお尻を罰する基準として、処罰対象となる行為と最低罰を定めた刑法を制定します。

処罰対象となる行為は私が決定しますが、私のお尻を罰する権限を持つ方は私と協議の上合意すれば処罰対象となる行為を追加することができるものとします。

処罰対象となる行為の一覧

罪名概要
管理拒否罪私のお尻を罰する管理者を募集し実際に応募があったのに、正当な理由なく応募者を管理者として決定する(処罰を受ける)ことを拒否する行為
逃亡罪処分執行や調査・審判を逃れるため逃亡する行為
記録改竄罪不正にシステムを操作して処分や調査・審判に関する記録を改竄する行為
不履行罪お尻を叩かれる約束をしたのに、正当な理由なくその履行を拒む行為
虚偽申告罪処分執行や調査・審判などに関する出頭を逃れるために、虚偽の申告を行う行為
出頭拒否罪出頭命令を正当な理由なく拒否する行為

管理拒否罪は、処分の決定・執行を希望する(私のお尻を罰する権限を持つ管理者になってくださる)方が現れたのに、希望者の方を正当な理由なく拒む罪です。

お尻たたきリスト懲尻獄一覧など処分執行者の募集に応募してくださった方や、管理希望者としてご連絡いただいた方とお話をしたり実際にお尻を叩かれているうちに怖くなって逃げた、といった行為を処罰する罰則になります。

お尻を罰してくださる方を募集、と言いつつ実際に罰してくださる方が現れたら逃げ続けてしまう。そんな時は、厳しく処罰してください。

刑法

現在、私のお尻を処罰する権限を持つ方はいませんので、仮の刑法条文を以下のとおり定めます。

私のお尻を罰する権限を持つ方が決まり刑法を定める際に参考とするための例示条文です。

よろしければ、最低罰についてのご意見をご投票ください。

処分の詳細については、お尻たたき処分をご覧ください。

罪名最低罰
管理拒否罪3級無期懲尻
投票数:

投票数:

投票数:
逃亡罪4級懲尻
投票数:

投票数:

投票数:
記録改竄罪3級懲尻
投票数:

投票数:

投票数:
不履行罪3級懲尻
投票数:

投票数:

投票数:
虚偽申告罪レベル7×1
投票数:

投票数:

投票数:
出頭拒否罪レベル7×1
投票数:

投票数:

投票数:

刑法の最低罰は、有罪が確定した場合に受けなければいけない最低罰です。

レベル7×1となっている場合は、少なくともレベル7のお尻たたきを一回受けるという意味になります。有罪の場合、処分としてはレベル7×1だけでなくレベル8×1、あるいはレベル9×1+レベル8×2などお尻たたきレベルや回数を引き上げた処罰を行うことができるものとします。

懲尻についても、「3級懲尻」が最低罰となっている罪で有罪と判断された時は、3級無期懲尻や4級10回など3級有期懲尻を上回る懲尻処分にすることができるものとします。

収監中の懲尻囚に対する処罰

懲尻獄で懲尻処分の執行を受ける懲尻囚が刑法に違反した時は、懲尻点/級数点の加算あるいは加重執行による処罰を行うことができるものとします。

たとえばレベル7前後のお尻たたきを執行される2級懲尻囚が、最低罰レベル7×1とされる刑法で有罪となった時は、執行回数を1回以上増やす(懲尻点を100点以上加算する)形で処罰できるものとします。