減量懲尻獄の執行者募集

懲罰管理下で心身を「引き締める」懲尻獄です。

私はお尻を叩かれる約束をしていると、少し前から普段の生活でも何となく健全というか「乱れた生活」をしないようになります。継続的に懲罰的なお尻たたきを受ける約束をさせられて管理されれば、「健全化」されるかな、と……

何とかお尻を差し出せる懲罰的なお尻たたきを受ける無期囚として拘束し、引き締める必要があると判断された時は耐えられない厳罰お尻たたきで懲らしめてください。

懲らしめる必要があるかどうかは、日常的なやり取りやお会いした時の印象などで総合的に判断していただきたいと思いますが、ダイエット管理で「努力」が認められなければ懲らしめる、といった形にしていただくこともできます。

体罰を受けるお尻懲尻刑を受けるお尻

執行処分

2級無期懲尻
(レベル7前後のお尻たたきを執行)

レベル7

日常的な意識・状況で耐えられる限界のお尻たたき。

お尻全体が激しく変色し、硬く腫れ上がるまで叩かれ続ける。蚯蚓腫れや痣などの傷が広範囲に広がる。
数日は歩くなど軽めの動作でもかなりの痛みが残り、3-6週間程度影響が残る。
お尻たたきレベル表

健全化するための懲罰管理を行う懲尻獄なので、以下のような形にしてください。

  • 特に問題なければレベル7
  • 総合的に見て懲らしめる必要があると判断されればレベル8
  • 特に優遇すべき事情があると判断されればレベル6

執行イメージ

執行されるお尻たたきは、レベル7前後ですので、執行間隔は5-7週間程度になると思います。ただし、受刑態度によっては耐えられないような厳罰(レベル8以上)を受けることになり、その場合は伸びるかもしれません。

無期刑ですので、基本的に「必要」がなくなったと判断されるまで執行を受け続ける形になると思います。

ただ、執行を続けるうちに厳しく罰する必要があると判断された時は、厳罰を執行する懲尻獄に収監して私のお尻を徹底的に懲らしめてください。

  • ある程度執行を続け「少し厳しく懲らしめる必要がある」と判断された時は、3級10回など厳罰有期刑に切り替える
  • 罰則違反を繰り返したり乱れた生活を続けるなど「救いようがない」と判断された時は、3級無期懲尻など厳罰無期刑に切り替える

罰則

収監中は、罰則(最低罰を定める刑法と処罰の基準となる処罰基準)で管理されます。

これらの罰則は、執行者が必要と判断した時は変更することができるものとします。また、執行者は必要に応じて処罰基準を追加できるものとします。

刑法

収監中に適用される刑法です。違反した時には、定められている最低罰以上の処分を受けます。

逃亡罪懲尻4級7回(逃亡懲尻獄
虚偽申告レベル8×1
出頭拒否レベル8×1

処罰基準

懲尻獄では、刑法の他に処罰対象となる行為と処罰の基準を定めることができます。

ただし、実際の処分は執行者の判断で行い、基準には拘束されません。また、処罰基準で定めのない行為に対しても、必要と判断した時は処罰することができるものとします。

執行妨害懲尻点50以上

収監手続き

執行してくださる方は、懲尻獄収監手続きからご連絡ください。