厳罰無期獄

日常的な状況・意識では耐えられないような刑罰的お尻たたきを執行され続ける懲尻処分です。

厳罰志向の管理者の方に向けてお尻を危険に晒す懲尻獄として作ってみました。

執行中も厳格な罰則と厳罰主義の管理で逃げられない囚人的な支配下に置いて、お尻を危険に晒したことを後悔させてください。

執行処分

3級無期懲尻(懲尻点1400、級数点350)

収監中は、原則としてレベル8のお尻たたきの執行を受け続けます。ただし

  • 特に厳しく処罰する必要があると判断された時はレベル9
  • 受刑状況やお尻の状態などから軽減するのが適当と判断された時はレベル7

としてください。

レベル8:日常的な状況では精神的に耐えがたい厳罰。
お尻全体が激しく変色して硬く腫れ上がり、通常の意識状態を保てなくなった状態でなおも叩かれ続ける。蚯蚓腫れや痣などの傷が広範囲に目立つ。
5-10日程度は歩くなど軽めの動作でもかなりの痛みが残り、4-7週間程度影響が残る(お尻たたきレベル表)。

執行イメージ

最初にお会いした時に何とかお尻を差し出し続けることができる程度(レベル7)のお尻たたきを受けて、お尻たたきレベルの基準などを確認します。

実際に管理していただくことになったら、その一段上(レベル8)のお尻たたきを中心に執行していただく形になります。

刑期は無期、基本的に「必要」がなくなった、と判断されたら終了してください。ただ、一応の目安として1回の執行で100減じる懲尻点を1400とし、懲尻点が0以下になったら、私の方からも終了に向けた協議を申し出ることができる形にしたいと思います。

ある程度執行を進めてから、有期刑に切り替える形にしていただくこともできます。

お尻たたき刑務所の刑具

執行中の管理

私のお尻の状態を報告させ、執行可能と判断したら呼び出して執行してください。

執行されるお尻たたきは、レベル8前後ですので、執行間隔は5-8週間程度になると思います。ただし、受刑態度によってはお尻の限界、またはその一歩手前まで徹底的に懲らしめられる厳刑(レベル9以上)を受けることになり、その場合は伸びるかもしれません。

管理方針はお任せいたしますが、よろしければある程度執行を進めて処遇を緩和できると判断されたら、レベル7のお尻たたきを基本とする2級に昇級させてください。

お尻たたき刑務所の拘束具

刑法

収監中は、私のお尻を処罰する全面的な権限を持つ管理者として刑法をはじめとする罰則を制定しながら管理下に置いてください。

収監手続き

私のお尻を厳罰管理する管理者になってくださる方は、収監手続きダイアログや下のフォームからご連絡ください。

管理者募集