私のお尻について

私のお尻は大きめ/柔らかめで、平手打ちの際の手触りも悪くないと思います。「男らしい」というよりは、中性的なお尻ですね。

私のお尻の写真1私のお尻の写真2
お尻の画像一覧

色が薄く叩き始めると変色しやすいですが、ターナーなどによるスパンキング、細めの鞭による鞭打ちなら、かなり耐えられます。基本的に、皮膚が破れて酷く傷つかなければ大丈夫です。

酷い変色や痣、内出血でお尻がかなり傷ついたように見えても、少し休めば回復することが多いですね。厳罰に処す必要がある、と判断された時は適宜10-30分程度の休憩、あるいは手錠やロープで拘束し放置するなど様子を見ながら執行してください。

30分程度叩かれて20-30分程度休む、といったパターンだとダメージの回復を見ながら「お尻たたきの総量」を増やしやすいようです。

厳しいお尻たたきを受ける機会があまりないこともあって、叩かれているうちに逃げるような姿勢になったり「守り」に入ったりすることがあるかもしれません。そんな時は、厳しいスパンキング調教で「お尻を差し出す姿勢」を叩きこんでください。