お尻たたき処分



私のお尻を厳しいお尻たたきで罰しながら管理してくださる管理者を募集します。

管理者の権限

管理者になってくださった方には、私のお尻を処罰/調教する全面的な権限をお預けいたしますので、「お尻を叩かれる不安・恐怖」で管理してください。

  • 必要と判断した時にお尻たたき処分を決定・執行する
  • 「お尻たたきの罰」を決める罰則を定める
  • 処分決定のために拷問を含む調査を行う

処罰する必要があると判断された時はもちろん、「自らお尻を差し出す」精神を叩き込むスパンキング調教としてお尻たたき処分を決定・執行してください。

お尻たたきレベル

お尻たたき処分は、お尻の肉体的な限界内(永続的な障害・外傷を残さない程度)で執行するものとします。

お尻たたきの程度の目安として、数十回の平手打ちを1、お尻の限界までパドル打ちや鞭打ちで徹底的に痛めつけるお尻たたきを10とする10段階のレベルを定めます。

お尻たたきレベル表

レベル6のお尻たたき例
レベル6執行例

私のお尻を厳しく処罰する必要があると判断された時は、日常的な意識状態を保てなくなり叩かれた後も数日は歩くのも辛くなるような厳罰(レベル8)、あるいは文字通りの「限界」まで徹底的に懲らしめてください。

お尻たたき処分の形式

お尻たたき処分は、「レベル〇のお尻たたきを×回受ける」といったレベルと執行回数で決めるレベル制、あるいは「懲罰管理下でレベル〇程度のお尻たたきを×回受ける。ただし、執行中の状況で実際に執行されるお尻たたきレベルや執行回数は変動する」囚人的な管理を受ける懲尻の形で決定・執行されるものとします。

レベル制

レベル7×2などレベルと回数を定めて処分を受ける形式です。

懲尻

お尻たたきの罰で管理される囚人としてお尻たたき刑務所(懲尻獄)に収監される処分です。執行されるお尻たたきの程度と執行回数を決められて収監されますが、管理者の判断によっては無期刑の形にすることもできます。

懲尻の詳細